忍者ブログ

株式会社 金山建設 (事務員ブログ)

宮崎市にある地域密着の工務店・株式会社 金山建設の事務員が、地元の情報や物件の情報をお送りします。 とかく激動の建設業界ですが、その内幕はあまり知られていません。一般の方にも少しでも知っていただけたらと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見直すって本気ですか? 舛添大臣

新内閣の発足でニュースがにぎやかですね。
しかし、私が気になったのは日刊ゲンダイ2008年9月22日掲載の この記事。(以下抜粋)

●医療制度を突然見直すといいだした悪党の本心

「国民が支持しないような制度は大胆に見直すべきだ」
 20日朝のTBS番組で、そう吠えた舛添大臣。(1)加入者を年齢で区分しない(2)年金からの天引きを強制しない(3)世代間の反目を助長する仕組みにしない――との“舛添3原則”を披露し、司会のみのもんたから「舛添さんの決断、有権者には響いていると思いますよ」とおべんちゃらを述べられ得意顔だったが、冗談ではない。
 老人イジメの姥捨て制度を「理念はしっかりしている」「75歳で区切るのは、医学的な意味がある」と称賛し、廃止・見直しを拒み続けたのは舛添大臣、アナタ自身である。
 突然の変心には、与党内からも「大臣が勧めるから、国民に説明してきた」(公明党・山口政調会長)、「ふらふら変わるんじゃダメ」(与謝野経財相)と批判の声が上がっているが、当の舛添は我関せず。

(抜粋終わり)

その番組は見ていないのですが、そもそもその「国民が支持しないような制度」を作った時の大臣は誰だったんですか。
同居していても世帯分離しちゃえば保険料が安くなるようなザル法を作ったのは?
ころころ制度を変えて計算方法を変えて、わけがわからないようにすれば年金問題もごまかせるとでも?

ついヒートアップしてしまいましたが、そのややこしい計算をしたり説明したりするのは私のような事務員なんですよ!
つい本音が出てしまいました。
パソコンがなかったころは、どうやって計算していたんだろう・・・と呟くと、「だから混乱してるんでしょ」といわれました。なるほど!
制度のついでに、立案した内容も制定前にしっかり見なおして欲しいと思う、一介の事務員でした。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[01/24 NONAME]
[05/12 事務員@管理人]
[05/11 sirube]
[01/05 事務員@管理人]
[01/05 こんにちわー]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
事務員
性別:
女性
職業:
事務員
趣味:
読書

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

お天気情報