忍者ブログ

株式会社 金山建設 (事務員ブログ)

宮崎市にある地域密着の工務店・株式会社 金山建設の事務員が、地元の情報や物件の情報をお送りします。 とかく激動の建設業界ですが、その内幕はあまり知られていません。一般の方にも少しでも知っていただけたらと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

構造設計1級建築士・設備設計1級建築士

昨日に引き続き、改正建築士法の覚え書き。

一定の建築物への構造設計1級建築士設備設計1級建築士の関与の義務付けに関する記事です。
 
過去記事:ざくっと、改正建築士法  続・改正建築士法  平成20年11月28日から改正建築士法が施行

この要件の適用は平成21年5月27日以降の確認申請から。
ただし、平成21年5月26日以前に構造・設備設計がされたものは両者の関与がなくても確認申請が受理されます。

で、肝心の構造設計1級建築士設備設計1級建築士とは?

●1級建築士として5年以上、構造・設備設計に従事した後、認定講習を修了した者に与えられる資格。
また講習か、とかいわない。いわずにいたい、ですけどね)


そして、この資格を持つ建築士によって法適合の確認が必要な建物は以下の通りです。

●設備設計1級建築士の確認が義務付けられる建物

 階数3以上、かつ、床面積5,000平方メートルを超える建築物

●構造設計1級建築士の確認が義務付けられる建物(図書省略認定・型式適合認定を受けた建築物は対象外)

 1級建築士でなければ設計できない(業務独占に係る)建築物のうち、高さ60mを超える建築物。

 1級建築士でなければ設計できない(業務独占に係る)建築物のうち、高さ60m以下の、ルート2・ルート3・限界耐力計算による適合性判断(ピアチェック)が義務付けられている建築物。


増改築の場合は、当該部分が上記要件を満たすとき、同様の手続きが必要です。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[01/24 NONAME]
[05/12 事務員@管理人]
[05/11 sirube]
[01/05 事務員@管理人]
[01/05 こんにちわー]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
事務員
性別:
女性
職業:
事務員
趣味:
読書

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

アクセス解析

お天気情報